仙の瀬戸内国際芸術祭2016記録その2 【1日目:女木島リベンジ】

0

     

    ここ数日、RPG作りにハマって睡眠時間を犠牲にしている仙です。

    現在メンバー全員で動いてるプロジェクト、

    まだ自分担当箇所まで進行していないので余裕ぶっこいてます。

    年末ヒーヒー言ってるんだろうなぁ…

     

    さて、2ヶ月くらい前に思い出にセーブしたデータを

    早くも読み込みに、再び高松へやって参りました。

    今回の目標は「その日のうちにレポート」!

    いつまで続くか分かりませんが、張り切っていきますよ!

     

     

     

     

    2016.10.23 女木島上陸、再び

     

    もともと間に合うかギリギリで、

    行けたらいいなぁくらいの気持ちでいた女木島。

    バスが遅れてヒヤヒヤしましたが、12時発の船に乗船することができました。

    さすが日曜。めちゃくちゃ混んでる!

    出航間際に乗ったので席に座れるはずもなく…が、

    本当に時間ギリギリでコインロッカーに寄る暇もなかったので

    ガラガラしていたスーツケースを横に倒して座ってました。楽チン。

     

     

    島についてまず案内所へ。

    コインロッカーが埋まっていて困っていたら、

    受付のおじいさんが預かってくださると!

    助かった。さすがにガラガラしながら山頂へ行きたくない…

     

    ↑ちなみに、島について最初に出迎えてくれたのはメノクラゲ3でした。

     

    前回「鬼ヶ島大洞窟」へ行けなかったので今度こそ!

    バスに乗って真っ先に向かいました。

    ひたすら山を登って行って到着。

    鬼がお出迎えしてくれました。でっかい。

     

     

     

    洞窟内、最初は天井が低くて(私でも)しゃがみながら歩き、

    進むにつれてだんだん広い空間が多くなって出口、って感じ。

    「敵に攻め込まれにくく、味方が逃げやすい」構造になっているそうです。

    なるほど。

    一番最初に「カオス」な映像を観て、

    ところどころに散らばるネタを見つけながらあっという間に出口。

    洞窟ってワクワクしますね。

    特に何かあるわけじゃないのにニヤニヤドキドキしっぱなしでした。

    真っ暗で写真が撮れなかったのでずーっとムービー撮ってたら

    最後の方デジカメの容量がいっぱいになって驚きました(このデジカメで初体験)。

    ムービーって容量食うのね…。

     

    洞窟を抜けると、左にバス停・右に展望台という分かれ道。

    バスが来るまで時間があったので展望台へ。

    あまり苦労せずにたどり着き、さぁ撮影!

     

     

    曇ってますね!!

    夏会期の初日も、天気悪かったんだよなぁ…

    なんともいえない気持ちでバス停へ。

    まだ時間があったので青ジムでがんがんトレーニング。

    あれから10時間くらい経ちましたが、

    置き去りにしたブースターはまだ帰ってきません。

     

    いったんバスで港へ向かおう…と思いましたが、

    前回まわりそこねたスタンプ箇所付近で運転手さんが降ろしてくださいました。

    ありがたや…

     

     

    今更ですがカフェなんですね!!!

    調べないでGOスタイルまもっているので知りませんでした。

    13時45分頃…お腹も減っていたので遅めの昼食を。

     

     

    なんかおシャレな感じ…!

    キュイジーヌ?というものらしいです。初めて聞きました。

    一品一品本当にこだわってらして、こんな食べ物があるのか!と…

    島でとれたお野菜美味しかったなー!

     

    食事を済ませて芸術品を鑑賞し、(食事処だけじゃないのです)

    最後に西浦の方にポツンと1つだけある芸術品をみに、いざ!

    …と思ったら、10分遅かったらしく1時間後のバスを待つ事に。

    今更ですが、洞窟・西浦・案内所って三箇所巡回してるバスがあるんですね。

    知らずに最初「洞窟行きのバスに乗りたいんですけど」って言ってしまい、

    案内所と洞窟のみの往復チケットを購入してしまった…お金ちょっと損。時間は大損。

     

    とにかく1時間程時間があったので

    前回、電動付き自転車でテンション上がって通り過ぎてしまった作品を鑑賞。

    またもや忘れるところでした。これで今度こそ、残るは西浦のみ!

    時間になってバス乗り場へ向かいます。

     

     

    チラッと噂は耳にしていましたが…本当に、年季の入った車体で…

    ガタンガタン揺れるたびにドキドキしましたが何事もなく目的地に到着。

    芸術品は、タイのアーティストさんが西浦地区に住んでらっしゃる方1人1人とお話ししてまわり、

    全員を外壁に描いたタワー…超大作です。

    訪れた人のコメントが残せるようになっており、

    私もタワーのてっぺんに登って、肉筆を残してきました。今行けばみられるよ!

     

     

    何はともあれ、これで女木島コンプリート!!

     

     

    …ギリギリ今日中に書き残せましたが、文章全く見直してないから怖い。笑

    これから仕事して寝ます。おつかれ様でした。

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 乗っておきましょうかここは
      よんはち
    • 乗っておきましょうかここは
      きょん
    • かぜっぴき
      よんはち
    • かぜっぴき
    • 【コミックマーケット83】おつかれさまでした!&仙による2012年締めの言葉
      よんはち
    • 【ボーマス23】おつかれさまでした!!
      よんはち
    • 会場にいる気分で一つ
    • リスだって働くの
      よんはち
    • どうにかこうにか出来上がり!
    • もどかしくて もどかしくて
      よんはち

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:142 最後に更新した日:2016/12/23

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM